• 管理画面
  • 新印象派展

    息子が通っている絵画教室「画塾」の授業の一環で「新印象派展」に行ってきました。
    モネなど印象派画家たちがプロローグとして登場した後、5章に渡ってたっぷり新印象派の作品を堪能できます。最後にエピローグとしてフォーヴィズムが紹介されていました。一連の流れの中で作品を鑑賞することで少し見え方が変わった気がしました。
    写真はマリア・セートの「後のアンリ・ヴァン・ド・ヴェルド夫人」という作品です。
    アリア・セート
    「点描で見事に光と影を表現しているなぁ」とか「背景の空間の渦巻きがゴッホを連想させるなぁ」などと思いながら鑑賞していたら「僕の通っていた幼稚園の名前はマリア幼稚園って言ってね・・・」という話声が聞こえてきました。
    息子でした。。。子供たちから大分遅れて入場したのですが、追いついちゃったのですね^^;
    先生が一生懸命に絵の話に戻そうとしているのにマリアつながりで幼稚園の話を止めない息子を後に僕はそのまま先に進みました。
    先生は皆さん本当に優しい方ばかり(おそらく美大の学生さんが多いのかな?)なのですが、一人で4~5人を引率されていたので大変そうでした。
    帰りに「どの絵が良かった?」と聞いたところ「電車の絵」という答えが帰ってきました。そんな絵、あったかな??
    「最初の方にあったよ」というのですが、どなたか心当たりがある方いらっしゃいましたら教えてください。

    このブログのトップページはこちらです。

    セザンヌとスーラ (おはなし名画シリーズ)セザンヌとスーラ (おはなし名画シリーズ)
    (2000/08/01)
    西村 和子

    商品詳細を見る
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    FBのおはなし名画ページ
    カテゴリ
    紹介されているサイト