• 管理画面
  • 1.ウィーン分離派(絵:ベートーヴェン・フリーズ)

    19世紀後半の1862年、ウィーン郊外に生まれたクリムトは早くから装飾家として名声を確立し、1893年にはウイーン大学の天井画の作成を依頼されます。
    しかし伝統的な寓話をあまりに急進的でセクシャルに表現した「哲学」「医学」「法学」の3部からなる作品は各方面から激しい非難を浴び、大講堂に展示されることはありませんでした。
    その後、1897年のウイーン分離派の創始者の一人となると1908年までそのメンバーとして活躍します。
    1902年に分離派のベートーヴェン展に出展したのが大作「ベートーヴェン・フリーズ」。下の写真はその一部です。ゴリラを中心に禍々しい死神みたいなお姉さんや官能的なお姉さんが描かれていますね。
    物語性のある壁画だそうです。ぜひウィーンで実物を見たいものです。
    クリムト
    続きはこちらから

    このブログのトップページはこちらです。
    ※「おはなし名画」にはクリムトのシリーズはありません。
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    FBのおはなし名画ページ
    カテゴリ
    紹介されているサイト