• 管理画面
  • 子供展 名画にみるこどもと画家の絆

    先週水曜日、「子供展」に行ってきました。やはり平日の午後に行く展覧会はすいていて良いです。
    題材が「子供」だけに長男は興味深々だったようで両親が待ちくたびれるくらいじっくりと一つ一つの絵に見入っていました。「すごく楽しかった!」そうです。
    アンリ・ルソー
    印象に残った絵としてはやはりアンリ・ルソーの「人形を抱く子供」だそうですが、藤田嗣治の絵も気に入ったようでした。
    色々な展覧会に連れていきましたが一番のヒットでした。やはり子供は子供に惹かれるものなのですね。翌日も朝から「昨日は楽しかったなー。」と余韻に浸っていました^^。

    今日は通っている画塾の企画で「法隆寺-祈りとかたち」展に行ってきました。
    こちらはちょっと難しかったかもしれません。「ふつう」とのこと。

    まあ、色々なものに触れる機会があるのは良いことだと思います。
    これからも本人が嫌がらない限り、美術館巡りに付き合ってもらおうと思います!

    このブログのトップページはこちらです。
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    FBのおはなし名画ページ
    カテゴリ
    紹介されているサイト