• 管理画面
  • News from abroad: Egyptian antiquities

    Egyptian scholar fights archaeological looting with exposure on social media

    「おはなし名画」は作品とともに画家の人生を辿るシリーズですが、画家の人生は時代と無関係ではいられません。勿論、その作品もしばしば時代に翻弄されます。
    それはエジプトの古代遺跡や芸術作品も同じです。
    egypt

    2011年1月25日、長きに渡り君臨してきたムバラク政権を崩壊に追い込んだ革命の後、エジプトでは政治的混乱が続いています。(In the aftermath of Egypt’s January 25, 2011 revolution, which threw out longtime leader Hosni Mubarak, competing interests have jockeyed for political control.)

    治安が悪化する中、観光客は遠のき、エジプトの古代遺跡や芸術作品は略奪の危機に曝されています。(There’s a security vacuum in parts of the country, tourists have largely stayed away, and Egypt’s antiquities have been increasingly under threat from looting, vandalism, illegal development and violence.)

    略奪の対象となっている遺跡が紀元前1500年以上も遡る(The relics are thought to date back to more than 1,500 years before Christ.)という記述からも、それらが人類にとって如何に貴重なものであるかということが想像できます。

    そんな現状に立ち上がった女性考古学者がいます。その名はHanna Monica
    彼女はTwitterなどのソーシャルメディアを使って警鐘を鳴らし、当局に行動を促しています。(she’s turning a relatively new tool, social media, using Twitter, for example, to sound the alarm and pressure authorities to do more.)
    Facebookでも数百枚の違法発掘サイトの写真をアップしています。(On Facebook, she’s posted hundreds of photos of illegally excavated sites, some with human remains scattered about.)

    勿論、銃で威嚇されるなでの危険な目に会うこともあります。(For example, one time, I was shot at in Dahshur in the archaeological site, in the Memphite Necropolis.)

    「それでもどうしてこの仕事をするのか?」という質問に彼女はこう答えています。
    「私は二つの世界の架け橋です。他に誰もやらないなら、誰かが声を上げなければなりません。犯罪が横行していることを知ってもらうために。(I’m a bridge between the two worlds, and because no one else was doing it.someone had to voice out the crime that’s going on.)」

    実に格好良いですね!

    このブログのトップページはこちらです。
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    FBのおはなし名画ページ
    カテゴリ
    紹介されているサイト