• 管理画面
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    News from abroad: Street art

    As street art grows more popular, is it losing its edge?

    先日の"banksy"という名で通っているイギリス生まれのストリートアーティスト(man who goes by the name ‘Banksy’, an English-born street artist)に関する記事に続き、「Street artとは何ぞや?」をテーマにした記事(ちょっと古いですが)をご紹介します。
    この記事でも主役は"Bansky"です。

    banksy

    ストリートアートはニューヨークやフィラデルフィアで始まった落書きアートから派生したもので、公共の場に通常は違法で描かれるものです。(Street art is an outgrowth of the graffiti tradition, which began in New York and Philadelphia.Put in the public space, usually illegally.)

    自分の家や建物に勝手に落書きされたら普通は迷惑ですが、Banksyの場合は違います。
    Banksyが"いたずら"するとその不動産の価値が落ちるどころか、上がるのです。(The twist in the Banksy story, is that when he vandalizes your property, its value goes up instead of going down.)
    Banksyの作品はオークション等で非常に高額で売買されています。

    しかし、人気が出るに従って本来の破壊的な魅力が失われていくことを心配する声もあります。(as the popularity of the movement grows, some worry that it’s subversive nature is being lost)
    違法とされる表現方法で権威や名声に楯突くのがストリートアーティストという概念からすると商業的に受け入れられた人気のストリートアーティストというのには若干、違和感があるのも事実です。

    いつ逮捕されるか分からないという脅威が誰も本当のbanksyを知らない理由だ(the threat of being arrested may explains why knowing exactly who Banksy is remains a mystery today.)という説明に魅力を感じるのは僕だけではないでしょう。

    このブログのトップページはこちらです。
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    FBのおはなし名画ページ
    カテゴリ
    紹介されているサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。