• 管理画面
  • 3.数百年の時を経て(絵:オルガス伯の埋葬)

    トレドで画家としての成功を手にしたグレコですが、1614年に亡くなると一気に忘れ去られます。
    余りに時代の先を行き過ぎていたのかもしれません。グレコが美術界で再び注目をされるまで250年余り待たなければいけませんでした。
    19世紀後半にピカソ等によって見いだされると、グレコの作品はピカソに続くキュビズムの画家達に大きな影響を与えています。

    俵屋宗達やフェルメールも死後に忘れられ数百年の時を経て光を当てられるという点が似ています。
    不思議なものです。

    グレコの最高傑作とも言われる「オルガス伯の埋葬」は縦460㍍、横360㍍という非常に大きな作品です。
    トレドにある教会が所蔵しています。いつか見に行きたいです!
    エル・グレコ
    エル・グレコの生涯トップに戻る

    このブログのトップページはこちらです。
    ※「おはなし名画」にはエル・グレコのシリーズはありません。
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    FBのおはなし名画ページ
    カテゴリ
    紹介されているサイト