• 管理画面
  • 2.先生より絵が上手い弟子(絵:キリストの洗礼)

    レオナルドは14歳のときヴェロッキオのもとで美術の勉強をすることになりました。
    ヴェロッキオはフィレンツェで最も有名な彫刻家で大きな作業場で沢山の弟子と一緒に彫刻を作ったり絵を描いたりしていました。弟子の中にはボッティチェリもいました。

    6年の歳月が流れ、レオナルドが20歳になった頃のことです。
    ヴェロッキオは自分が途中まで描いた「キリストの洗礼」(1472~1475年)をレオナルドに完成させて欲しいと頼みました。
    レオナルドは絵の左側に青い服を着た天使を描き後ろの風景は自分の好きなように描き直しました。
    完成された絵を見たヴェロッキオはあまりの素晴らしさに驚いてしまいました。
    「なんて美しい天使だろう。なんて柔らかい風景だろう。レオナルドは私より遥かに優れている」
    ヴェロッキオはその後、絵を描くのを止めてしまったといいます。

    何だかピカソとピカソのお父さんの関係に似ていますね^^。
    この「キリストの洗礼」は中野京子氏の著書「怖い絵」で才能の違いが怖いほど現れている絵として紹介されている絵でもあります(記憶違いでなければ、、、)。
    レオナルド・ダ・ヴィンチ
    続きはこちらから

    おはなし名画「レオナルド・ダ・ヴィンチとミケランジェロ」の紹介記事

    レオナルド・ダ・ヴィンチとミケランジェロ (おはなし名画シリーズ)レオナルド・ダ・ヴィンチとミケランジェロ (おはなし名画シリーズ)
    (1997/05/01)
    辻 茂、川滝 かおり 他

    商品詳細を見る
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    FBのおはなし名画ページ
    カテゴリ
    紹介されているサイト