2013-06-01(Sat)

7.魂の中の国(絵:青い天使)

60歳になったシャガールはアメリカをあとに再びパリに向かいました。パリでシャガールは悲しみを乗り越えて筆を取りました。
戦争に対する怒り。ヴィテブスクの町を思う気持ち。愛するベラの思い出。
それらをみんな絵の中に込めたのです。
こうして97歳で亡くなるまで描き続けられたシャガールの絵はいつまでも咲き続ける花のように私たちの心を捉えて離しません。
「私の魂の中の国。これだけが私のものだ」
シャガールの絵が私たちに見せてくれるのはシャガールの「魂の中にある国」なのかもしれません。
「青い天使」(1938年)
シャガールの生涯トップに戻る
※シャガールの絵はまだ所有権が切れていないので画像のリンクを貼っています。

「おはなし名画シリーズ」の「アンリ・ルソーとシャガール」の紹介記事
「おはなし名画名画をよむまえに」の「シャガールのそらとぶふたり」の紹介記事

アンリ・ルソーとシャガール (おはなし名画シリーズ)アンリ・ルソーとシャガール (おはなし名画シリーズ)
(1993/05/01)
辻 茂

商品詳細を見る


シャガールのそらとぶふたり (おはなし名画をよむまえに・シリーズ)シャガールのそらとぶふたり (おはなし名画をよむまえに・シリーズ)
(2010/07)
西村 和子

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カテゴリ
紹介されているサイト