2013-05-12(Sun)

3.新印象主義画家の誕生(絵:グランド・ジャット島の日曜日の午後)

「アニエールの水浴」に続いて取りかかったのが新しい油絵の大作「グランドジャット島の日曜日の午後」(1884~1886年)です。グランド・ジャットも行楽地として人気のあったセーヌ川に浮かぶ小さな島です。
スーラはこの時も毎日のようにこの島に出かけ、スケッチを繰り返し、アトリエでそのスケッチをもとに色の点でカンヴァスを埋め続けました。
2年かかってようやく仕上げたその絵にはそれまでの画家が誰も描かなかった不思議なスーラの世界がありました。
ピサロの勧めでこの絵を1886年に開かれた最後の印象派展に出品すると、スーラはパリの芸術家達の間で話題の中心となりました。
「印象主義の時代は終わり、新しい時代が来た」
スーラは新印象派画家と言われるようになります。
スーラ
続きはこちらから

おはなし名画「セザンヌとスーラ」の紹介記事

セザンヌとスーラ (おはなし名画シリーズ)セザンヌとスーラ (おはなし名画シリーズ)
(2000/08/01)
西村 和子

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カテゴリ
紹介されているサイト