• 管理画面
  • フェルメール光の王国展

    先日、神戸のハーバーランドで開催中の「フェルメール光の王国展」に家族で行ってきました。
    フェルメール作品禅全37点のリ・クリエイト作品を堪能してきました。

    分子生物学者・福岡伸一氏監修のもと、最新のデジタルマスタリング技術によって、約350年前に描いたであろう色調とテクスチャーを推測して、原寸大で細部の表現、光の意図を解釈し治されています。
    色は鮮やかに甦り、光も眩いばかりでした。

    平日の18時前に行ったのでガラガラにすいていたのと、フラッシュをたかなければ写真は撮り放題というのが良かったです。
    息子は大好きな「真珠の少女」と一緒に何枚も記念写真を撮ってました。
    フェルメール光の王国展
    あえて思いっきりおちゃらけてるやつを一枚・・・^^。

    ただ、「真珠の少女」は昨年秋にマウリッツハイス展で見たときと比べると惹き込まれるものを感じませんでした。演出の違いや混み具合といったことも影響しているのかもしれません。
    原画でないとは言え、これだけのフェルメール作品を一度に楽しめるというのは贅沢ですね。
    楽しかったです。

    おはなし名画「フェルメールとレンブラント」の紹介記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    FBのおはなし名画ページ
    カテゴリ
    紹介されているサイト