2013-04-08(Mon)

9.お釈迦様の死(絵:平山郁夫「仏教伝来」)

お釈迦様は45年もの間、人々に教えを説いて歩かれました。しかし、80歳を過ぎたころ、病気になり、死ぬときがきたことを悟りました。
侍者アーナンダが沙羅双樹の林の間に床を敷き、お釈迦様が身を横たえると不思議なことが起こりました。季節でもないのに沙羅双樹の花が咲き、お釈迦様を慕う人々だけでなく、兎や鼠、リスや象、牛や馬や羊などが集まってきました。
「私はいつでも、私に会いたいと思う人々の心のなかに現れるだろう」
そう言うと、お釈迦様は瞑想に入り、静かにこの世を去りました。お釈迦様80歳の2月15日、満月の夜でした。
お釈迦様が亡くなった後、 仏教はその弟子たちに受け継がれ、アジアの国々からヨーロッパやアメリカにまで広まって行きました。そして、2500年以上たった今も深く人々の心の中に生き続けているのです。
平山郁夫
お釈迦様の生涯トップに戻る

おはなし名画「平山郁夫のお釈迦さまの生涯」の紹介記事

平山郁夫のお釈迦様の生涯 (おはなし名画シリーズ)平山郁夫のお釈迦様の生涯 (おはなし名画シリーズ)
(1995/07/01)
高田 好胤

商品詳細を見る


平山郁夫と玄奘三蔵    おはなし名画シリーズ平山郁夫と玄奘三蔵 おはなし名画シリーズ
(2002/02/01)
平山 郁夫

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カテゴリ
紹介されているサイト