• 管理画面
  • 5.教えを広めに(絵:平山郁夫「祇園精舎」)

    鹿野苑でお釈迦様は5人に初めての教えを説き、5人はお釈迦様の最初の弟子となります。お釈迦様は5人とともに教えを広める旅を続けました。
    その頃、インドではマガダ国とコーサラ国という二つの国が大きな力を持っていました。お釈迦様がマガタ国にやってきたとき、ビンビサーラ王が大勢のお供を従えてお釈迦様を訪ねてきました。
    「いかなる富も名誉も永遠に続くものではない。本当の幸せを求めるなら、それらへの執着を捨てなさい」という言葉に感銘を受けた王はお釈迦様に多くの人々に教えを説くための住居と庭園を献上しました。「竹林精舎」と呼ばれる、世界で初めて建てられた仏教のお寺です。
    コーサラ国のお金持ちスダッタもお釈迦様のためにお寺(精舎)を建てました。この精舎が建てられた土地がコーサラ国の王子「祇陀」の林園であったことから祇園精舎と名付けられました。
    平山郁夫
    続きはこちらから

    おはなし名画「平山郁夫のお釈迦さまの生涯」の紹介記事

    平山郁夫のお釈迦様の生涯 (おはなし名画シリーズ)平山郁夫のお釈迦様の生涯 (おはなし名画シリーズ)
    (1995/07/01)
    高田 好胤

    商品詳細を見る


    平山郁夫と玄奘三蔵    おはなし名画シリーズ平山郁夫と玄奘三蔵 おはなし名画シリーズ
    (2002/02/01)
    平山 郁夫

    商品詳細を見る
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    FBのおはなし名画ページ
    カテゴリ
    紹介されているサイト