• 管理画面
  • 6歳の誕生会

    今月15日に長男の卒園式がありました。
    僕は毎朝、幼稚園のバス停まで送っていたのですが、それも終わりだと思うと少し寂しいです。
    3月下旬生まれの長男は幼稚園に入ったばかりの頃はよちよち歩きで足元も覚束なかったのですが、最後の数ヶ月は走るとこっちが先に息が上がるくらいに逞しくなりました^^。
    卒園

    さて、卒園式の次は誕生会です。親戚一同を集めて盛大に開催しました。
    長男はクレーの絵に触発されて書かれた谷川俊太郎さんの詩の暗唱に挑戦しました。

    まずは、絵「パウル・クレー」、詩「谷川俊太郎」、朗読「長男」の「黄金の魚」です。
    続きまして、絵「パウル・クレー」、詩「谷川俊太郎」、朗読「長男」の「黄色い鳥のいる風景」をどうぞ。
    早生まれのうえに成長がゆっくりだった彼は去年の夏休みまでは平仮名も殆ど読めず(クラスのお友だち達はその時点で平仮名の読み書きはとっくにマスターしており、中にはカタカナや漢字を書ける子もいたのです!)、幼稚園の先生にも大変なご心配をお掛けしたのですが、その後の成長は目を見張るものがあります。
    仮に特別な支援が必要ならば、それはそれで全く構わないと思っていましたし、そういう学校の資料も取り寄せたりもしました。
    周りと比べる必要も、急ぐ必要もないけれど、彼が持って生まれた能力を存分に発揮できるような環境はなんとか整えてあげたいと改めて思います。

    蛇足ですが、去年の夏休みにこんなブログを書いたことを思い出しました。酔っ払って書いたラブレターなのですぐに削除しようと思っていたのですが、先ほど久々にチェックしたら「いいね!」が50以上も付いていました。
    良い記念なので残しておこうと思います^^。

    暗唱した谷川俊太郎さんの詩とクレーの絵はこちらをご覧ください。
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    FBのおはなし名画ページ
    カテゴリ
    紹介されているサイト