2013-03-16(Sat)

1.マネとの出合い(絵:睡蓮 @ マルモッタン美術館)

1863年、秋のことです。ある展覧会に飾られた1枚の絵の前で一人の若い青年が立ち止まりました。
「なんて明るい光、なんて明るい色なんだろう」
それは森の中でピクニックを楽しむ人たちが描かれた「草の上の昼食」という大きな絵でした。青年はあまりの感動にその場を動くことができませんでした。
絵の作者はマネ。青年の名前はのちに「睡蓮」の画家として知られるモネ。
まだ誰からも認められていない二人の偉大な画家の出合いのときでした。

写真はマルモッタン美術館にある「睡蓮」(1916~1919年)です。
画面一杯に水面が広がり、水面に浮かぶ睡蓮や水面に映る樹木が荒々しいタッチで描かれています。目を悪くした晩年に描かれた作品で、一瞬、抽象画のようにも見えます。
モネの睡蓮にかける執念を感じます。
モネ
続きはこちら

おはなし名画「マネとモネ」の紹介記事

マネとモネ (おはなし名画シリーズ)マネとモネ (おはなし名画シリーズ)
(1994/12/01)
辻 茂

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カテゴリ
紹介されているサイト