2013-03-11(Mon)

1.激しい批判と中傷(絵:草の上の昼食)

マネは1832年、パリに生まれます。
法務省の高官だったお父さんはマネにも自分と同じ道を進んで欲しいと願いましたが、マネは勉強が大嫌いでした。
中学卒業後、人々に認められる立派な画家になることを条件にマネは絵の道に進ことを許されます。
この約束がマネの呪縛になったのかもしれません。マネは印象派画家たちの指導者的な役割を果たしながらも、世間体を気にしたのか、印象派展への出展を拒み続けました。

マネは絵の学校に6年間通ったあと、外国を旅しながら絵の勉強を重ねました。そして、自分の目で見た人々や生活の様子を好きな色を使って活き活きと描きました。
ところがマネの絵はなかなか認められません。
中でも1863年、サロンに落選した絵を集めて行われた落選展にマネが出した「草の上の昼食」は多くの人を驚かせました。古典の構図を引用してセーヌ川で水遊びをする人たちを描いていますが、「神話」という言い訳のない生身の裸体は急進的すぎたのでしょう。
また、慎みのない視線を鑑賞者に投げかける女性は娼婦を連想させました。
この絵は不道徳で破廉恥だとして、激しい批判と中傷に晒されてしまいます。
マネ
続きはこちらから

おはなし名画「マネとモネ」の紹介記事

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カテゴリ
紹介されているサイト