• 管理画面
  • 8.小布施での高井鴻山との出合い(絵:八方睨み鳳凰図)

    北斎が80歳になる頃に天保の大飢饉があり、多くの農民が餓死し、国中で百姓一揆が起こりました。
    江戸でもお上から厳しく質素倹約が命じられ、絵を描くことも贅沢とされるなど暮らしにくくなっていきました。
    その頃に知り合ったのが信州の小布施に住む大金持ち、高井鴻山です。鴻山は北斎のために自宅の庭に画室を作り、いつも北斎を暖かく迎えました。
    こうして、80を過ぎた北斎は小布施にしばしば出かけるようになります。

    北斎最後の作品は小布施で手がけた仏教寺院、岩松院本堂の天井絵「八方睨み鳳凰図(大鳳凰図)」です。
    天井一杯に描かれた大鳳凰は今でも鮮やかな色彩を保って、私たちをカッと睨んでいます。
    北斎は1849年に江戸の浅草で数え年90歳で亡くなりました。
    最後まで絵に情熱を燃やし続け、この世に強い思いを残した臨終でした。
    北斎
    北斎の生涯トップに戻る

    おはなし名画「葛飾北斎」の紹介記事

    葛飾北斎 (おはなし名画シリーズ)葛飾北斎 (おはなし名画シリーズ)
    (2006/12/01)
    小澤 弘

    商品詳細を見る
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    FBのおはなし名画ページ
    カテゴリ
    紹介されているサイト