2013-01-22(Tue)

4.パン屋に飾られた絵(絵:水差しを持つ女)

フェルメールは30歳の頃には画家としても画商としても高く評価されるようになっていました。
しかし、父親の残した借金もあり、11人の子どもを抱える一家の生活は楽ではありません。
その合間を縫うようにして描いた絵は生活費や借金の返済に充てられました。
1663年、あるフランス人がフェルメールの評判を聞いて彼の家を訪ねたときの様子を日記に残しています。
「彼のアトリエには1点の絵もなかったが、パン屋で1点だけ見つけることができた。」
パンの代金を支払う代わりに絵を買ってもらったのでしょう。
写真は「水差しを持つ女」です。女性の穏やかな表情に和みます。
フェルメール
続きはこちらから

おはなし名画「フェルメールとレンブラント」の紹介記事

フェルメールとレンブラント (おはなし名画シリーズ)フェルメールとレンブラント (おはなし名画シリーズ)
(2005/07/01)
森田 義之

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カテゴリ
紹介されているサイト