• 管理画面
  • ダリ

    ダリ (おはなし名画シリーズ)ダリ (おはなし名画シリーズ)
    (2004/06)
    西村 和子

    商品詳細を見る
    幼いころから目立つことが大好きなダリの性格はその作品にも表れています。
    奇抜な発想で人々を驚かせたダリは奇想天外な作品で私達を楽しませてくれます。
    B4変型判 64ページ 作品点数 45点 定価 3,360円

    ダリはピカソに誘われて訪れたパリで、現実の世界を超えて夢や想像の世界を描こうとするシュールレアリスムに出会い、たちまち夢中になりました。
    1931年に描かれた「柔らかい時計」(絵の画像はこちらのリンクからご覧ください)はダリの作品の中でも最も多くの人々に親しまれています。
    ある晩に食べたとろけるようなカマンベール・チーズにヒントを得て描かれました。
    この絵は後にアメリカ人の画商に買われ、タイトルは「記憶の固執」と改められました。
    その後もこの「とろける時計」はしばしばダリの作品に登場します。

    その後も、ダリならではのだまし絵や宗教画、愛する妻のガラをモデルにした作品など沢山の傑作を生み出します。
    52歳のときに描いた「生きている静物」では信じられないことに「静物」であるはずの様々な物が動き回っています。
    今までの静物画の考え方を軽々と覆してしまったのです。
    ダリの作品を観ると脳の今まで使っていなかった思考回路が刺激されるような気がします。

    本書にはダリの様々な時代の様々な作品がバランスよく掲載されています。
    また衝撃的なガラとの出合いと別離に揺れる人間ダリの一面を知ることもできます。
    変人とも、奇人とも、天才とも呼ばれるダリの魅力を是非、堪能してください!

    本書に書かれているダリの生涯をこちらに簡単にまとめています。よろしければご覧ください。

    ご注文はこちらからお願いします。定価の10%引き(送料無料)とさせて頂きます。
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    FBのおはなし名画ページ
    カテゴリ
    紹介されているサイト