• 管理画面
  • キリストの磔刑

    ヨーロッパでは十字を切って祈りを捧げる人の姿をよく見かけます。とても自然で美しい仕草です
    カトリック系の中学高校に通っていた僕もその真似事をしたことはありますが、様になるにはそれなりに年季が要ります。
    当然ですが、この十字はキリストの磔刑に由来します。
    最近読んだ「名画と読むイエス・キリストの物語」に「西洋における最多の図像といえば、キリスト教の中心概念を示す磔刑図だ」と書かれていました。
    そうやってキリストと十字架が視覚的に一体化されることにより十字架信仰はより強固なものになったのでしょう。
    キリストの磔刑
    キリストの磔刑(ベラスケス)

    僕の祖母は晩年を敬虔なクリスチャンとして生きました。きっかけは僕の父親(祖母の長男)の死です。
    父は僕が3歳のときに交通事故で亡くなりました。祖母の悲しみは想像を絶するものでした。その後1年間の記憶がないと生前、話していました。父の声を聞きに青森の恐山にも行ったそうです。
    その後、祖母はキリスト教に救いを見出します。ですので、僕が知っている祖母はいつも優しく凛としているクリスチャンです。
    しかし、悲劇は続きました。父の妹が癌で亡くなったのです。教会で祖母が「神様、もういいじゃありませんか」と慟哭したと、祖母の死後、神父さんから聞きました。
    祖母は八重子という名前の通り88歳まで元気に生きました。最期まで頭も明晰でした。
    遺族宛に手紙を書き残してくれたのですが、その文面は二人の子どもと旦那さんに再会する喜びに溢れていたように僕は感じました。

    いつだったか、祖母が祈りを捧げている姿を目にしたことがあります。その姿は息を飲むほど気高く、美しかったのを憶えています。
    ヨーロッパで祈りを捧げる人の姿を見たとき、祖母の姿が重なり思わず涙がこぼれそうになりました。

    このブログのトップページはこちらです。

    名画と読むイエス・キリストの物語名画と読むイエス・キリストの物語
    (2012/08/23)
    中野 京子

    商品詳細を見る
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    FBのおはなし名画ページ
    カテゴリ
    紹介されているサイト