2012-10-12(Fri)

マリー・ローランサン「接吻」

美しいもの、可愛いものを愛したマリーの甘く優しい絵。淡い色使いや柔らかいタッチが乙女チックです。
見る人にバラ色の夢と幸福を与えてくれるマリーの絵は当時のパリで大きな人気を呼びました。
マリーは絵を描くほかにも、詩を書いたり、バレーの衣装を考えたり、舞台の美術を作る仕事もしました。
多才な女性だったのですね。
ローランサン
このブログのトップページはこちらです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カテゴリ
紹介されているサイト