• 管理画面
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    3.ベラとの出会いとパリでの生活(絵:白い襟のベラ)

    シャガールは地元の絵画学校で勉強をしたあと、もっと大きな町ペテルスブルグにある美術学校に入り、さらに絵の勉強を続けました。
    ある日、シャガールがペテルスブルグからヴィテブスクに戻った時のことです。
    シャガールは一人の美しい少女に出会いました。6年後に結婚することになるベラです。
    1910年、23歳になったシャガールは憧れのパリにやってきました。シャガールは「蜂の巣」という名前のアトリエを借りて毎日絵を描いて暮らしました。同じアトリエに住む画家たちとも友達になりました。
    詩人のアポリネールと知り合ったのもこの頃です。
    アポリネールはシャガールの絵にそれまで見たことのない不思議な世界と美しい色を発見して「これは自然よりも面白い絵だ」と褒めました。
    「白い襟のベラ」(1917年)
    続きはこちらから
    ※シャガールの絵はまだ所有権が切れていないので画像のリンクを貼っています。

    「おはなし名画シリーズ」の「アンリ・ルソーとシャガール」の紹介記事
    「おはなし名画名画をよむまえに」の「シャガールのそらとぶふたり」の紹介記事

    アンリ・ルソーとシャガール (おはなし名画シリーズ)アンリ・ルソーとシャガール (おはなし名画シリーズ)
    (1993/05/01)
    辻 茂

    商品詳細を見る


    シャガールのそらとぶふたり (おはなし名画をよむまえに・シリーズ)シャガールのそらとぶふたり (おはなし名画をよむまえに・シリーズ)
    (2010/07)
    西村 和子

    商品詳細を見る
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    FBのおはなし名画ページ
    カテゴリ
    紹介されているサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。