• 管理画面
  • 4.青い空気と愛と花(絵:誕生日)

    およそ5年間のパリでの生活のあと故郷のヴィテブスクに戻ってきたシャガールはベラと結婚します。
    「窓を開けると青い空気と愛と花が入り込んでくるようだった」
    ベラと結ばれる喜びをシャガールはそう書いています。
    翌年には娘のイダも生まれ、シャガールは幸せに包まれていました。

    「誕生日」(1915年)はこの頃のシャガールの気持ちが伝わってくるような絵です。
    シャガールは文字通り天にも昇る気持ちだったのでしょう。誕生日プレゼントの花束を活けているベラの驚いた表情も良いですね。
    続きはこちらから
    ※シャガールの絵はまだ所有権が切れていないので画像のリンクを貼っています。

    「おはなし名画シリーズ」の「アンリ・ルソーとシャガール」の紹介記事
    「おはなし名画名画をよむまえに」の「シャガールのそらとぶふたり」の紹介記事

    アンリ・ルソーとシャガール (おはなし名画シリーズ)アンリ・ルソーとシャガール (おはなし名画シリーズ)
    (1993/05/01)
    辻 茂

    商品詳細を見る


    シャガールのそらとぶふたり (おはなし名画をよむまえに・シリーズ)シャガールのそらとぶふたり (おはなし名画をよむまえに・シリーズ)
    (2010/07)
    西村 和子

    商品詳細を見る
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    FBのおはなし名画ページ
    カテゴリ
    紹介されているサイト