2012-05-16(Wed)

1.おぼろげな生涯(絵:白象図)

俵屋宗達は1600年代の前半に京都で絵屋を営んでいた町絵師ですが、生まれた年も、死んだ年も、家族のことも、どのようにして絵師になったかも、殆ど分かっていません。

宗達の描いた扇絵は京都で大変人気があり、当時の書の大家・本阿弥光悦と一緒に数々の美しい作品も世に出しています。町絵師でありながら活躍が認められ、朝廷から高い位を授けられています。
ところが、死後は急速に忘れ去られ、再び宗達に光が当てられるようになるのは大正時代のことです。
今では琳派の祖とされているのに不思議なものです。

写真は京都の養源院にある襖杉戸「白象図」です。
宗達の作品にはどれも一度見たら忘れられない強い個性やユーモアが宿っていますが、特に動物たちはユーモラスです。
宗達
続きはこちらから

おはなし名画「琳派をめぐる三つの旅」の紹介記事

琳派をめぐる三つの旅―宗達・光琳・抱一 (おはなし名画シリーズ)琳派をめぐる三つの旅―宗達・光琳・抱一 (おはなし名画シリーズ)
(2006/07/01)
神林 恒道

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カテゴリ
紹介されているサイト