• 管理画面
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    5.ゴーギャンとの生活(絵:星月夜)

    弟のテオはゴッホとゴーギャンの生活が上手く行くようにパリからお金を送って助けました。
    二人は仲良くアルルの町を歩き、一緒に絵を描き、お互いの絵を見せ合って感じることを話し合いました。ところが、絵については中々考えが合いません。お互い夢中になり、喧嘩になってしまうこともあります。
    ゴーギャンはこのままでは良くないと考え、アルルを離れようと思うようになります。
    そんなある日、ゴッホは自分の気持ちを抑えきれなくなり、刃物で自分の耳を切ってしまいました。驚いたゴーギャンはテオに電報を打ってこれを知らせると、そのままアルルを去っていきました。
    ゴッホの心に大きな傷が残り、ゴッホは重い心の病気に罹ってしまいます。

    写真の「星月夜」(1889年)もアルルで描いた作品です。
    ゴッホの目に星空はこのように映ったのでしょうか?ゴッホの狂気が伝わってくるようです。
    星月夜
    続きはこちら

    おはなし名画「ゴッホとゴーギャン」の紹介記事

    ゴッホとゴーギャン (おはなし名画シリーズ)ゴッホとゴーギャン (おはなし名画シリーズ)
    (1992/10)
    辻 茂、川滝 かおり 他

    商品詳細を見る
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    FBのおはなし名画ページ
    カテゴリ
    紹介されているサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。