• 管理画面
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    1.画家になろう!(絵:種蒔く人)

    ヴィンセント・ヴァン・ゴッホは1853年にオランダの小さな町に牧師の子どもとして生まれました。二人の弟と三人の妹がいましたが、すぐ下の弟テオとは大の仲良しでした。
    ゴッホは大人になってから美術商、フランス語の先生、本屋さん、牧師など色々な仕事をしましたがどれも上手くいきませんでした。
    「僕は何かに役立つ人間のはずだ。僕には何か目的があるはずだ」
    子どもの頃から絵が大好きだったゴッホは画家になろうと心を決めました。27歳のときのことです。
    たった一人で絵の勉強を始めたゴッホが描いたのは田んぼの刈り入れをする人、炭鉱や工場で汗を流して働く人など、自分の周りにいる貧しいけれど懸命に働いている人たちでした。
    ゴッホはそんな人たちのことが心から好きだったのです。

    写真の「種蒔く人」(1888年)はミレーの模写ですが、何処からどう見てもゴッホの作品になっています。
    パワー溢れる黄色や大胆な筆使いに心惹かれます。
    ゴッホ
    続きはこちら

    おはなし名画「ゴッホとゴーギャン」の紹介記事

    ゴッホとゴーギャン (おはなし名画シリーズ)ゴッホとゴーギャン (おはなし名画シリーズ)
    (1992/10)
    辻 茂、川滝 かおり 他

    商品詳細を見る
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    FBのおはなし名画ページ
    カテゴリ
    紹介されているサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。