• 管理画面
  • 7.麦畑の出来事(絵:麦畑の糸杉)

    それは7月のある暑い日の午後のこと、麦畑のなかから一発の銃声が響きました。
    ゴッホは自分が愛し、絵に描いた風景「麦畑」の中で自殺を図ったのです。
    すぐに手当てを受けましたが、パリから駆けつけたテオが見守る中、2日後に亡くなってしまいました。
    そのとき、ゴッホは37歳、画家になってから10年しか経っていませんでした。
    この稀代の天才画家がもう少し長生きしていたらどんな作品を我々に残してくれただろうと思うと残念でなりません。

    写真は「麦畑の糸杉」(1889年)です。ゴッホは糸杉の絵もよく描いています。
    イエス・キリストが磔にされた木が糸杉だという言い伝えがあり、欧米では死や哀悼の象徴でもあります。
    ゴッホ
    続きはこちら

    おはなし名画「ゴッホとゴーギャン」の紹介記事

    ゴッホとゴーギャン (おはなし名画シリーズ)ゴッホとゴーギャン (おはなし名画シリーズ)
    (1992/10)
    辻 茂、川滝 かおり 他

    商品詳細を見る
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    FBのおはなし名画ページ
    カテゴリ
    紹介されているサイト