• 管理画面
  • 1.光にたたずむ人たち(絵:デルフトの眺望)

    窓から差し込む柔らかな光。
    その光に包まれて手紙を読む人、牛乳を注ぐ人、レースを編む人、楽器を奏でる男女、笑いながら語り合う人たち。
    人々の慎ましい暮らしの一場面を淡い光りの中に浮かび上がらせた画家、ヨハネス・フェルメールは1632年10月31日、オランダの小さな町デルフトに生まれました。
    当時、デルフトはアムステルダムと並んで貿易の中心地として栄え、また織物、じゅうたんなど様々な産業も盛んで活気に溢れた町でした。
    フェルメールの父親レイニールはそこで宿屋と居酒屋を営みながら美術品の売買もしていました。
    フェルメールは父親の周りにいた画家たちの影響を受け、15歳の頃から絵の修行を始めたのではないかと言われています。
    フェルメール
    続きはこちらから

    おはなし名画「フェルメールとレンブラント」の紹介記事

    フェルメールとレンブラント (おはなし名画シリーズ)フェルメールとレンブラント (おはなし名画シリーズ)
    (2005/07/01)
    森田 義之

    商品詳細を見る
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    FBのおはなし名画ページ
    カテゴリ
    紹介されているサイト