2013-04-23(Tue)

4.遅すぎた成功(絵:赤いチョッキの少年)

しかし、世の中の人たちは相変わらずセザンヌの絵を認めようとしませんでした。
そんなセザンヌにやっと画家としての成功が訪れます。
きっかけは1895年、56歳のときにパリで開いた始めての個展でした。
「赤いチョッキの少年」をはじめとする150点あまりのセザンヌの絵は多くの人々の目を奪いました。
印象派の画家として出発したセザンヌでしたが、この頃にはもう、セザンヌの絵は印象派という枠を超えて、もっと大きな舞台へと羽ばたいていたのです。
これらの絵は若い画家たちの心を大きく揺さぶりました。
セザンヌ
続きはこちらから

おはなし名画「セザンヌとスーラ」の紹介記事

セザンヌとスーラ (おはなし名画シリーズ)セザンヌとスーラ (おはなし名画シリーズ)
(2000/08/01)
西村 和子

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カテゴリ
紹介されているサイト