• 管理画面
  • 4.ゴッホの夢(絵:夜のカフェ)

    ゴッホには長い間、心に膨らませてきた夢がありました。
    それはアルルに芸術家が集まって、皆で一緒に暮らしながら作品を生み出していけるような「家」を作りたいという夢でした。
    その最初の仲間として、ゴッホはどうしても友人の画家ゴーギャンに来て欲しかったのです。
    ゴッホはゴーギャンに「ぜひ来て欲しい」という手紙を何度も出しています。
    そして、ついにゴーギャンがアルルに来ると二人は早速「黄色い家」という名前のアトリエで一緒に暮らすことにしました。

    写真の「夜のカフェ」(1888年)の黄色は退廃的で病んだ感じがします。
    こういうゴッホも結構、好きです^^。
    ゴッホ
    続きはこちら

    おはなし名画「ゴッホとゴーギャン」の紹介記事

    ゴッホとゴーギャン (おはなし名画シリーズ)ゴッホとゴーギャン (おはなし名画シリーズ)
    (1992/10)
    辻 茂、川滝 かおり 他

    商品詳細を見る
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    FBのおはなし名画ページ
    カテゴリ
    紹介されているサイト