• 管理画面
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    日経新聞朝刊の「文化往来」欄に掲載されました

    2011年7月7日付け日経新聞朝刊の「文化往来」欄に掲載された記事です。

    『女性3人の出版社、23冊目の子供向け名画集』

    子供のための名画集が1冊くらいあってもいい―。
    そんな考えから、1992年にいち早く児童向け美術画集の刊行を始めた女性だけの小さな出版社がある。

    今春まで大学教授を務めていた数学者の西村和子さんが40代後半で設立し、経営してきた博雅堂出版(東京・新宿)だ。
    このジャンルの先駆けといえる「おはなし名画」シリーズを19年間、年に1~2冊のペースで手がけ、このほど通算23冊目となる「新・おはなし名画」シリーズ第3巻「鳥獣戯画」(監修・辻惟雄MIHO MUSEUM館長)を出版した。

    ゴッホや葛飾北斎ら国内外の画家の人生と作品を物語風に紹介するシリーズで、美術史家が監修し、西村さんが企画、執筆などを担当してきた。
    子供が本を広げたときにまず驚いてもらえるように、縦約33㌢、横約26㌢と大型なのも特徴
    国内の作品は所蔵先で実物と見本を突き合わせ、色を忠実に再現する。今でこそ大手出版社が参入し、主要美術館の図書室にも児童向け名画集がそろうが、本格的なものは当初珍しかった。

    昨年は、より小さな子供向けに「おはなし名画をよむまえに」を出版。シリーズを読んだ子供がさらに理解を深めるための"続編"も「いずれはやってみたい」と西村さんは夢を膨らませる。


    ※改行、太文字は管理人の判断です。

    文中の「西村和子」が管理人の実母です。苗字が違うのは僕が母方の祖父母から姓を貰っているからです。
    工藤の姓が途切れないためだったそうです。昔はそういうことが大切だったんですね。
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    FBのおはなし名画ページ
    カテゴリ
    紹介されているサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。