--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2037-10-03(Sat)

ミレーとコロー



働く人々の姿に感動し、農民や動物たちを描いたミレー。
音楽やオペラが好きで歌うような、踊っているような風景画を描いたコロー。
フォンテーヌブローの森とバルビゾンの自然を愛した二人の画家の生涯を紹介します。

B4変型判 64ページ 定価 3,360円
 
(バルビゾン派)
バルビゾンはパリから南へ60キロのところにある農村でフォンテーヌブローの森につながっています。
バルビゾンを愛し、バルビゾンで活躍した19世紀中頃の画家たちを私たちは「バルビゾン派」の画家と呼びます。
ミレーやコローはその代表的な画家です。
コローはフォンテーヌブローの美しい風景を、ミレーはバルビゾンで働く人々の絵を沢山描いています。
ミレー
(ミレー「落ち穂拾い」)

(ミレー)
貴族やお金持ちと農民や労働者が対立し、パリの市街で何度も大きな暴動が起こっていた時代に貧しい中で懸命に働く人々の姿を描いたミレーは保守的な人々から危険視されることもありました。
また、当時のサロンの審査員や批評家は伝統的に歴史や聖書の解釈やその視覚化に芸術的な価値を見出していたため、身近な人々の姿を描いたミレーの絵を嫌う人も多かったのです。
それでもミレーは自分の信じる道を貫き、貧しい生活に耐えながら一心に制作に打ち込みました。
その作品はゴッホやダリなど、後の画家たちに大きな影響を与えました。そして今では世界中に人々から愛されています。
ミレー
(ミレー「晩鐘」)

(コロー)
ミレーが貧しかったころ、パリで最も人気のあった画家がカミーユ・コローです。
「僕の人生にはたった一つの目的があるだけだ。それは風景画を描くことだ。」と言ったコローは一生を絵にささげ、誰とも結婚しませんでした。
音楽やオペラが大好きだったコローは踊るような、歌うような美しくて詩情溢れる風景画を沢山描いています。
コロー
(コロー「朝、ニンフの踊り」)

晩年には人物画も沢山描いています。多くの画家たちはモデルが動くことを嫌がりますが、コローはモデルが動いても、しゃべっても、歌っても良いと考えていました。
「私の目的は生命を描くことにあるのでモデルが動いてくれるほうがいいんです。」
コローはモデルと会話を楽しみながら絵を描くのが好きだったのです。
心の優しいコローは若い画家たちに慕われながら78歳の生涯を終えました。絵に全てを費やした幸せな人生でした。
コロー
(コロー「真珠の女」)

(印象派への歩み)
ミレーやコローの絵画に対する考えは、彼らに続く印象派と呼ばれる画家たちに受け継がれていきます。
当時、サロンを主催する美術アカデミーが「歴史画」や「宗教画」を評価していたのに対し、ミレーは愛する家族や身近にいる平凡で無名な農民など懸命に生きる生身の人間を描くことに芸術的な価値を見出しました。
コローは現実の風景そのものを芸術的主題とし、風景に画家の世界を投影することで人々を魅了しました。
フランス絵画は、王でも、教会でもなく、個人の目覚めのために歩み始めたのです。

本書ではミレーの作品26点、コローの作品16点のほか、テオドール・ルソーの写真やフォンテーヌブローの森の入り口に建つミレーとコローの記念碑の写真などとともに二人の人生を楽しめます。

ミレーの生涯
コローの生涯
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

こんばんは、観るだけ美術部員です。
ぼくは、ミレーが好きです。『落穂ひろい』
よりは、この『晩鐘』が好きですね。敬虔な
夫婦が夕暮れの教会の鐘の音に合わせて
仕事も手を休め、一心に祈りを捧げています。
ミレーに続くひとたちの作品も好きです。一度
バルビゾン村に行ってみたいと思うほどです。

No title

観るだけ美術部員さん。

ご訪問ありがとうございます!
ミレーの自分の芸術に対する信念や周りの人々への愛を知って、僕も彼の絵がさらに好きになりました。
また来てくださいね^^
カテゴリ
紹介されているサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。