• 管理画面
  • 名画でメリークリスマス

    名画でメリー・クリスマス (おはなし名画をよむまえに・シリーズ)名画でメリー・クリスマス (おはなし名画をよむまえに・シリーズ)
    (2010/10)


    商品詳細を見る
    イエス様の誕生物語を名画で追う画集です。
    クリスマスなどに親子でお楽しみください。

    22ページ/24×26cm 定価¥1,260
    キリスト教系の幼稚園に通う長男に「この人がマリア様だよ」と話ながら読み聞かせをしたら「マリア様の歌、知ってるよ」と興味深そうに見ていました。
    出てくる絵は10点。どれも500年以上昔に書かれ、今もなお多くの人に感動を与えている名画です。


    ベノッツォ・ゴッツォリの壁画も鮮やかで迫力がありました。
    名画でメリークリスマス

    クリスマスプレゼントに最適の一冊だと思います。お薦めです♪

    もうすこし大きなお子さん(幼稚園の年長さんくらい?)から勿論、大人まで楽しめる「マリア様の生涯」もよいですよ!

    ご注文はこちらからお願いします。定価の10%引き(送料無料)とさせて頂きます。

    (追記)
    11月29日に読売新聞の夕刊で紹介されました。

     ・読売新聞の記事へのリンク

    (記事全文)

    『幼児から楽しめる名画の絵本』

     イエス・キリストが生まれ、3人の博士たちがお祝いにやってくる様子を描えがいた『名画でメリー・クリスマス』=写真=が刊行された。

     「東方三博士の行列」(ベノッツォ・ゴッツォリ画)の壁画など10点を収め、就学前の子どもも親しめるお話が添えられている。西村和子・編集、文、博雅堂出版、1200円。

    (2010年11月29日 読売新聞)
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    本屋さんで探してみよう!

    これ、良さそうですね~。
    私はクリスチャンではないし、クリスマスもな~んにもしないけど、キリスト教の宗教画を見るのは好きです。ストーリーもわかりやすいし、いろんな仕掛けというか暗示みたいなものがあるのもおもしろいし、なんといっても、やはり神々しい絵が多いですね。マリア様を描いた絵は、ほんわりと慈愛を感じるものが多くて素敵ですよね。

    今日本屋さんに行くので、見てみます。あるといいな。

    Re: 本屋さんで探してみよう!

    milestajpさん
    コメントありがとうございます。
    僕もクリスチャンではないですが、クリスマス近くに街がクリスマス色に盛り上がるのは楽しくて好きです。
    マリア様の絵では「おはなし名画」の「マリアさまの生涯」もお薦めです。
    長男の友達が家に遊びに来たときずっと読んでて、ついには買って帰られたそうです。
    こちらの方は本屋さんや図書館でよく見かけます。
    「名画でメリークリスマス」は新刊ですが、クリスマス時期が近くなれば本屋さんでも並べられると思います。
    よろしくお願いします♪

    本屋さんに行きました。

    早速見てきました。もう置いてありましたよ。
    この本は、小さい子向けのシリーズだからうちの子達にはちょっと物足りないかな。
    『イエスの誕生とうわさの壁画』もあり、それが良かったです。東方の三博士にもメディチ家にも興味があるので。東方の三博士の行列の絵は見に行ったことがあります。
    『マリア様の生涯』は、10年くらい前に図書館で読みました。素敵な絵が多いですよね。

    Re: 本屋さんに行きました。

    milestaさん

    早速、行かれたんですね^^。
    確かに「おはなし名画をよむまえに」シリーズは大きな子には物足りないと思います。
    幼稚園生でも年長さんになると「マリア様の生涯」の方が好きだったりもするそうです。
    ベノッツォ・ゴッツォリも掘り出し物だと思います。
    いつコメントありがとうございます!
    FBのおはなし名画ページ
    カテゴリ
    紹介されているサイト