• 管理画面
  • News from abroad: ‘Degenerate Art’ exhibit explores Nazi assault on modern art

    ‘Degenerate Art’ exhibit explores Nazi assault on modern art

    退廃芸術展がニューヨークの美術館で9月まで開かれており、ナチスによる現代アート迫害に新しい視点を提示しているそうです。
    (It’s part of an exhibit called ‘Degenerate Art’ on display until September at the Neue Galerie in New York that offers a new look at the assault on modern art by the Nazis.)
    展示会ではヒットラーが愛し、受け入れた19世紀の伝統的な作品と彼が嫌い、「退廃的」と蔑んだ抽象現代アートが並べてられています。
    (The exhibit juxtaposes the classical 19th century paintings and sculptures that Hitler loved and accepted with the abstract modern art that he hated. This art he labeled “degenerate.”)
    Oskar-Kokoschka
    現代アートは難解と言うか、良く分からなかったりすることはあると思いますが、勿論、ヒットラーが嫌ったのには理由があります。

    一つは単純に伝統的な絵画や芸術作品の概念を覆してしまうことに脅威を感じたのでしょう。
    (They disliked it because it was also destroying to some degree the traditional concept of a painting, of an artwork)
    Lasar-Segall
    また、描かれる対象も問題でした。当時の前衛的な画家たちが売春婦や戦争の残酷な現実などを描いたのも気に食わなかったようです。
    (For example, leftist artists of the early Weimar Republic like George Cross or Otto Dix depicted prostitutes, depicted war scenes in a very brutal way.)

    この展覧会ではナチスがこれらの作品を如何にしてドイツ社会からユダヤ人を排斥する計画の正当化に使ったかという点にも深く切り込んでいます。
    (The exhibit also explores how the Nazis separating out of unacceptable artwork was used as a justification for their plan to purify German society of Jews.)

    美術館のキュレーターは「ナチスが文化の、そしてさらには民族浄化を試みを明らかにすることで将来同じことを起こさないというのがこの展示会の目的だ」と語っています。
    (by uncovering the Nazis’ effort to carry out cultural and, in turn, ethnic cleansing, Peters hopes his exhibition can help guard against future similar attacks.)

    単に作品を楽しむだけではなく、色々と考えさせられる一味違った美術展ですね。
    9月までにNYに行く機会があれば足を伸ばしてみたいと思います。(無いか・・・^^;)

    このブログのトップページはこちらです。
    スポンサーサイト
    FBのおはなし名画ページ
    カテゴリ
    紹介されているサイト