2014-01-07(Tue)

1.マニエリスムの巨匠の誕生(絵:受胎告知)

ダ・ヴィンチやミケランジェロに代表される盛期ルネッサンス直後に一世を風靡したマニエリスムを代表する画家、エル・グレコは1541年に現在のギリシャ領クレタ島に生まれました。
ちなみに、「エル・グレコ」は本名ではなく、イタリア後で「ギリシャ人」を意味するニックネームです。

当時クレタ島はヴェネツィア共和国の支配下にあったこともあり、26歳の時にヴェネツィアに、1570年にはローマにに移り住みます。
エル・グレコは1576年にスペインに移住するまでのイタリア滞在期間にマニエリスムやヴェネツィアルネッサンスの手法を学んだと言われています。

写真の絵は1597年から1600年に制作された作品です。
エル・グレコらしいダイナミックで神秘的な「受胎告知」です。
エル・グレコ
続きはこちらから

このブログのトップページはこちらです。
※「おはなし名画」にはエル・グレコのシリーズはありません。
スポンサーサイト
カテゴリ
紹介されているサイト