• 管理画面
  • モネ展

    国立西洋美術館×ポーラ美術館 モネ、風景をみる眼―19世紀フランス風景画の革新に行ってきました。
    19世紀にフランスで活躍した画家の風景画が充実した展覧会でした。
    勿論、モネも良かったのですが、僕はいくつかのゴッホの力強い色使いの作品に目を奪われました。

    ここのところ展覧会に行くと必ず音声ガイドを聞く息子に感想を聞くとクールベの「波」が良かったそうです。
    クールベ
    北斎の「神奈川沖浪裏」が好きな息子らしい選択だと納得しました。
    将来はサーファーにでもなるのかもしれません^^。

    展覧会を見終わったあとには売店で絵葉書を買うのが習わしとなっているのですが、今回は講談社の「クレーの絵本」を欲しいというのでクリスマスプレゼントを兼ねて買いました。
    クレーの絵本クレーの絵本
    (1995/10/04)
    パウル・クレー、谷川 俊太郎 他

    商品詳細を見る

    「おはなし名画をよむまえに」の「黄色い鳥のいる風景」を暗唱できる息子は谷川俊太郎さんのファンなのです。渋い^^。
    クレーと黄色い鳥のいる風景 (おはなし名画をよむまえに)クレーと黄色い鳥のいる風景 (おはなし名画をよむまえに)
    (2011/02)
    谷川 俊太郎

    商品詳細を見る


    「クレーの絵本」は45点の絵と18編の詩から成っています。版が小さく、詩集に絵が付いているという感じです。
    画集に詩がついている「おはなし名画をよむまえに」に比べるとかなりお兄ちゃん向けなので、これから長く楽しんでもらいたいです。

    なんだかすっかりモネの話がどこかに行ってしまいました^^;
    マネとモネ (おはなし名画シリーズ)マネとモネ (おはなし名画シリーズ)
    (1994/12/01)
    辻 茂

    商品詳細を見る
    スポンサーサイト
    FBのおはなし名画ページ
    カテゴリ
    紹介されているサイト