2013-01-30(Wed)

1.絵画黄金時代に生まれて(絵:アトリエの画家)

1607年7月15日、レンブラントはオランダのレイデンという町に生まれました。
ライン河畔に粉挽きの風車を持つ裕福な両親の間に10人兄弟の9番目の息子として誕生したのです。
14歳のときに画家を目指して修行を始め、18歳になるとレイデンで仲間の画家たちと一緒に工房を開きました。
この頃からレンブラントの才能が花開き始めます。
「あの粉屋の息子は大したものだ」
「彼はイタリアの巨匠を超えるだろう」
そんな声が人々の間で上がるようになっていたのです。

写真は23歳のときに描いた「アトリエの画家」です。描かれた画家がレンブラント自身か否かについては諸説があります。
アトリエで創作する画家の姿はフェルメールも描いています。当時のオランダの画家たちが好んだ画題の一つでした。
レンブラント
続きはこちらから

おはなし名画「フェルメールとレンブラント」の紹介記事

フェルメールとレンブラント (おはなし名画シリーズ)フェルメールとレンブラント (おはなし名画シリーズ)
(2005/07/01)
森田 義之

商品詳細を見る
スポンサーサイト
カテゴリ
紹介されているサイト