• 管理画面
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    1.ウィーン分離派(絵:ベートーヴェン・フリーズ)

    19世紀後半の1862年、ウィーン郊外に生まれたクリムトは早くから装飾家として名声を確立し、1893年にはウイーン大学の天井画の作成を依頼されます。
    しかし伝統的な寓話をあまりに急進的でセクシャルに表現した「哲学」「医学」「法学」の3部からなる作品は各方面から激しい非難を浴び、大講堂に展示されることはありませんでした。
    その後、1897年のウイーン分離派の創始者の一人となると1908年までそのメンバーとして活躍します。
    1902年に分離派のベートーヴェン展に出展したのが大作「ベートーヴェン・フリーズ」。下の写真はその一部です。ゴリラを中心に禍々しい死神みたいなお姉さんや官能的なお姉さんが描かれていますね。
    物語性のある壁画だそうです。ぜひウィーンで実物を見たいものです。
    クリムト
    続きはこちらから

    このブログのトップページはこちらです。
    ※「おはなし名画」にはクリムトのシリーズはありません。
    スポンサーサイト

    2.名声を確立(絵:接吻)

    「ベートーベン・フリーズ」の出展を機に1905年、クリムトはウィーン分離派を脱退します。
    翌1906年、オーストリア芸術家同盟を設立すると、尾形光琳を始めとする日本の琳派などから着想を得て、黄金色が特徴的なクリムト独自の煌びやかな絵画様式で名声を確立します。
    代表作は「接吻」。余計な説明は要りませんね^^。
    クリムト
    続きはこちらから

    このブログのトップページはこちらです。
    ※「おはなし名画」にはクリムトのシリーズはありません。

    3.晩年(絵:死と生)

    クリムトはマティスのフォーヴィズム、ロートレック、エゴンシーレなどの台頭により人気に陰りが見え始めると、金箔を用いない新たな色彩表現を模索します。
    1911年に制作が開始された「死と生」はローマ国際美術展で第一等を受賞しますが、1915年に母が亡くなるとその3年後の1918年に脳梗塞と肺炎によりその生涯を閉じました。
    クリムトは自画像を描いていません。「絵の題材として自分になど興味がない。私は他人に関心がある。とりわけ女性に。」と日記に書いたというクリムト。自身も性に奔放で、セクシャルな絵も沢山残した彼らしい言葉です。
    その傍らにはいつも死が佇んでいたのかもしれません。
    クリムト
    クリムトの生涯トップに戻る

    このブログのトップページはこちらです。
    ※「おはなし名画」にはクリムトのシリーズはありません。
    FBのおはなし名画ページ
    カテゴリ
    紹介されているサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。