• 管理画面
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    新印象派展

    息子が通っている絵画教室「画塾」の授業の一環で「新印象派展」に行ってきました。
    モネなど印象派画家たちがプロローグとして登場した後、5章に渡ってたっぷり新印象派の作品を堪能できます。最後にエピローグとしてフォーヴィズムが紹介されていました。一連の流れの中で作品を鑑賞することで少し見え方が変わった気がしました。
    写真はマリア・セートの「後のアンリ・ヴァン・ド・ヴェルド夫人」という作品です。
    アリア・セート
    「点描で見事に光と影を表現しているなぁ」とか「背景の空間の渦巻きがゴッホを連想させるなぁ」などと思いながら鑑賞していたら「僕の通っていた幼稚園の名前はマリア幼稚園って言ってね・・・」という話声が聞こえてきました。
    息子でした。。。子供たちから大分遅れて入場したのですが、追いついちゃったのですね^^;
    先生が一生懸命に絵の話に戻そうとしているのにマリアつながりで幼稚園の話を止めない息子を後に僕はそのまま先に進みました。
    先生は皆さん本当に優しい方ばかり(おそらく美大の学生さんが多いのかな?)なのですが、一人で4~5人を引率されていたので大変そうでした。
    帰りに「どの絵が良かった?」と聞いたところ「電車の絵」という答えが帰ってきました。そんな絵、あったかな??
    「最初の方にあったよ」というのですが、どなたか心当たりがある方いらっしゃいましたら教えてください。

    このブログのトップページはこちらです。

    セザンヌとスーラ (おはなし名画シリーズ)セザンヌとスーラ (おはなし名画シリーズ)
    (2000/08/01)
    西村 和子

    商品詳細を見る
    スポンサーサイト

    2014 がじゅくてん

    今日、府中市美術館にとある展示会を見てきました。
    その名は「2014 成果報告展示 がじゅくてん」です。
    長男の作品も2点、展示されていました。絵と工作、1点づつ。

    一つは「道路の下を描いてみよう!」と言われて描いたという「蟻の巣と地下鉄の線路」の絵。赤が力強い^^。
    画塾展

    もう一つは桃の作成が大変だったという「うまうま弁当」。実際のパパのお弁当はこんなにカラフルじゃないけどね^^。
    画塾展

    このほか、お世話になっている先生方の作品やお友達の作品も見れました。図録も作っていただけるそうです。
    息子は画塾のほか、空手とそろばんを習っていますが、画塾がダントツで一番好きだそうです。好きなことが多ければ多いほど人生が豊かになりますね。
    こういう美術教育活動がもっと普及していくと良いと思います。

    ちょうどミレー展もやっていたので空いた時間で見てきました。見たことのなかった人物画も多く、中々良かったです。

    このブログのトップページはこちらです。

    ミレーとコロー (おはなし名画シリーズ)ミレーとコロー (おはなし名画シリーズ)
    (2003/04/01)
    森田 義之

    商品詳細を見る

    オルセー美術館展

    オルセー美術館展に行ってきました。
    平日に行く美術館は本当に気持ちが良いです。

    マネの「笛を吹く少年」や「ミレーの晩鐘」、ドガの「バレエの舞台稽古」などメジャーな作品の前に立つと懐かしさに似た感情が湧いてきました。
    以前にパリ近郊に数か月滞在したことがありますが、当時は全く美術に興味がなく、オルセーには一度も行かなかったので初対面のはずなのですが^^;

    マネが充実していました。展示の最終章「円熟期のマネ」の絵は大半が初見でした。
    特に印象に残ったのが「ロシュフォールの逃亡」です。
    マネ
    マネというと印象派画家の兄貴分的存在ではあったものの自身はサロンにこだわり、印象派展には出展していないし、主題は革新的であったものの画風は所謂印象派っぽくないイメージがあったのですが、この絵は思いっきりモネあたりの影響を受けていますね。
    そうと知らずに見たらマネの作品とは分からなかったでしょう。
    しばらく見入ってしまいました。

    息子のお気に入りはシスレーの「ルーヴシエンヌの雪」。これも初見でした。雪が気にいったのかな?
    いつも好きな絵のポストカードを買ってあげてるので真剣に選んでいました^^。
    シスレー
    皆様も是非、時間を作って新国立美術館まで足を運んでみてください。
    お勧めです!

    おはなし名画「マネとモネ」の紹介記事

    マネとモネ (おはなし名画シリーズ)マネとモネ (おはなし名画シリーズ)
    (1994/12/01)
    辻 茂

    商品詳細を見る

    フランス絵画展@沖縄県立博物館・美術館

    家族旅行で沖縄に行ってきました。那覇にも一泊したのですが、ホテルのすぐ近くでフランス絵画展が開催されていたので見に行きました。
    沖縄でフランス絵画を見れるなんて思っていなかったのでちょっと得した気分です。ピカソ2点、シャガール2点、ローランサン1点、ユトリロも1点ありました。
    息子のお気に入りはキスリングの「ジョゼット」とのこと。
    キスリング
    理由は「アナと雪の女王」のエルサに似てるからだそうです。この映画は息子のマイブームなのです。
    映画館にも2回見に行ったうえに、買ってもらったDVDも繰り返し見ています。「アナのためなら溶けてもいいよ」というセリフの場面が特にお気に入りのようです。

    さて、キスリングのジョゼット。エルサに似ているというのは置いておいても、静けさというか緊張感が漂う名画だと思います。
    指先まで丁寧に描かれていますね。初めて見た絵ですが、引き込まれました。
    ユトリロの「アトリエ座」も細やかな描写が印象に残りました。ピカソやシャガール、ローランサンは如何にもという感じの絵でした。

    残念ながら沖縄県立博物館・美術館には「おはなし名画シリーズ」は置かれていませんでしたが、小学館のシリーズが紹介されていました。
    かなり低学年向きのようにも思いますが、これはこれで良さそうですね。リンクを貼っておきます。
    モネの絵本―太陽とおいかけっこ (小学館あーとぶっく)モネの絵本―太陽とおいかけっこ (小学館あーとぶっく)
    (1993/06/04)
    結城 昌子

    商品詳細を見る

    このブログのトップページはこちらです。

    子供展 名画にみるこどもと画家の絆

    先週水曜日、「子供展」に行ってきました。やはり平日の午後に行く展覧会はすいていて良いです。
    題材が「子供」だけに長男は興味深々だったようで両親が待ちくたびれるくらいじっくりと一つ一つの絵に見入っていました。「すごく楽しかった!」そうです。
    アンリ・ルソー
    印象に残った絵としてはやはりアンリ・ルソーの「人形を抱く子供」だそうですが、藤田嗣治の絵も気に入ったようでした。
    色々な展覧会に連れていきましたが一番のヒットでした。やはり子供は子供に惹かれるものなのですね。翌日も朝から「昨日は楽しかったなー。」と余韻に浸っていました^^。

    今日は通っている画塾の企画で「法隆寺-祈りとかたち」展に行ってきました。
    こちらはちょっと難しかったかもしれません。「ふつう」とのこと。

    まあ、色々なものに触れる機会があるのは良いことだと思います。
    これからも本人が嫌がらない限り、美術館巡りに付き合ってもらおうと思います!

    このブログのトップページはこちらです。
    FBのおはなし名画ページ
    カテゴリ
    紹介されているサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。