• 管理画面
  • 世界のビジネスエリートが身につける教養「西洋美術史」



    作者の西洋美術史家「木村泰司氏」は「美術は見るものではなく読むもの」と言います。
    西洋美術は一定のメッセージを伝えるための手段として発展してきたので、作品が描かれた時代の政治、宗教、哲学、風習、価値観などを理解することで理解が深まるということです。

    確かに印象派以降の画家の作品は何の知識もなく観ても充分楽しめると思いますが、ルネッサンス時代の宗教画や様々の教訓や寓意が込められていると言われる16、17世紀のオランダ絵画を鑑賞する際には知識はがないと「それはまるでわからない外国語の映画を字幕なしに観ているのと同じ」ということになるかもしれません。

    勿論、印象派画家の作品も美術史における位置付け等を知っているにこしたことはありません。
    まずは「おはなし名画」で画家の生涯を知ったうえで本書で「グローバルで活躍するエリートに必要な教養」を身に付けられることをお勧めします。

    このブログのトップページはこちらです。
    スポンサーサイト

    眩(くらら) ~北斎の娘 NHK特集ドラマ

    宮崎あおいさん主演ドラマ「眩(くらら)」が放映されました。
    直木賞作家の朝井まかて氏が北斎の娘「お栄」の半生にスポットを当てた小説「眩」が原作です。



    「おはなし名画シリーズ」の「葛飾北斎」でもお栄について触れられていて、画号「応為(おうい)」の由来などを北斎爺さんが語っています。ご興味があれば是非ご覧ください。
    北斎爺さん曰く「美人画を描かせたらわしよりうまいかもしれん」とのことです。

    応為

    はたして天才、北斎の娘に生まれたことは幸せだったのか、不幸だったのか。
    みなさんはどう思いますか?



    このブログのトップページはこちらです。

    African captives rise up against slavery in Talladega murals

    African captives rise up against slavery in Talladega murals

    アメリカの歴史の闇の部分に根差す話を鮮やかな色彩で描いています。
    奴隷としてキューバに送られる船上で起きた事件で1997年にはスピルバーグ監督が映画化もしています。
    彼らはこの後、アメリカで殺人の罪で裁判にかけられますが、最終的には無実が認められアフリカの地の戻っています。
    Hale_Woodruff

    この壁画を描いたのは黒人系米国人画家、Hale Woodruff氏、スピルバーグの映画のタイトルはAmistadです。
    虐げられていた黒人男性の反逆と勝利を描いたこの壁画は当時の人々にとってスリリングでもあり、またある人々にとっては脅威でもあったとのコメントに納得します。
    この壁画は今年(2015年)の3月1日まではワシントンで展示されているとのことです。行けないなぁ。。。

    アンリ・ルソーとシャガール (おはなし名画シリーズ)アンリ・ルソーとシャガール (おはなし名画シリーズ)
    (1993/05/01)
    辻 茂

    商品詳細を見る

    News from abroad:Did air conditioning play a role in Reagan's election

    Did air conditioning play a role in Reagan's election? Searching for ripple effects of history-making tech


    「風が吹くと桶屋が儲かる」という諺を思い出させます。
    15世紀のグーテンベルグの印刷技術の発見が17世紀にオランダで活躍したレンブラントの自画像につながったというお話です。
    レンブラント

    15世紀のグーテンベルグの印刷技術の発明により本が出回り、読書習慣がヨーロッパに根付きます。
    すると視力という新しい問題が発生しました。印刷技術が発達する以前は視力はあまり重要な問題ではありませんでした。印刷技術の発明は眼鏡を生み出しました。

    But there's this other funny side effect of the printing press which no one really talks about, which is that, as soon as people started to read in large numbers, as soon as literacy become — became a part of kind of European life, all of a sudden, all across Europe, people started to say, I can't read this because I'm farsighted. I can't actually like make this out on the page.
    And it was a problem that people basically just hadn't had before. They hadn't noticed it, because they didn't have any need to kind of look at small little forms on a page. And so, because of this, all across Europe, people started making spectacles. And lens making becomes this very important craft.

    眼鏡のレンズから派生して望遠鏡や顕微鏡が作られました。このことが科学の発展に与えた影響の大きさは計り知れません。
    So Gutenberg actually leads to, in this very indirect way, because of glass, because of lenses, he leads to the scientific revolutions in astronomy and biology and health.

    そしてレンズの発明は鏡につながります。ルネッサンス期に自画像というジャンルが生まれたのは鏡の普及によるものです。
    And then eventually even mirrors become more common in the Renaissance, and really those are the first kind of selfies that we see, right?

    ルネッサンス初期まで人々ははっきりとした自分の姿を見ることがなかったというのはちょっと不思議な感じがします。
    Basically — and it's funny to think about this now — mirrors really didn't exist in their kind of modern form, where you could see a very clear image of yourself, until right at the beginning of the Renaissance. So, most people just walked around their entire lives never really catching a full glimpse what they looked like as a person.

    鏡の普及により人々は内省的になり、芸術においても哲学においても自我がより重要な主題になったという説明は説得力があります。
    グーテンベルグの印刷技術の発明がなければ生涯を通じて自画像を描き続けたレンブラントも存在しなかったかもしれません。
    And artists embrace it completely. People like Rembrandt do endless self-portraits, the kind of early selfie. But it also — people get — the culture gets more introspective. And the idea of selfhood becomes important to art and to philosophy. And I think the mirror is part of that story.

    なかなか面白いですね^^。

    おはなし名画「フェルメールとレンブラント」の紹介記事

    フェルメールとレンブラント (おはなし名画シリーズ)フェルメールとレンブラント (おはなし名画シリーズ)
    (2005/07/01)
    森田 義之

    商品詳細を見る

    News from abroad: Street art inspires redesign of accessibility icon

    Street art inspires redesign of accessibility icon


    ニューヨーク市の話。世界で最も認知されている標識が変更されるそうです。人々の感じ方にも影響がありそうです。
    One of the most recognizable symbols in the world is getting a major redesign to help change peoples' perceptions.
    disability
    確かにデザイン的にはちょっとした変更に過ぎないかもしれませんが、印象はかなり変わりますね。
    this seemingly small change actually makes a big difference.

    ニューヨーク市の障がい者は活動的だし、前向きだそうです。この標識はそんな彼らをより良く表現しています。
    And the new symbol shows what people with disabilities in New York City are. They're always moving and they're always moving forward.

    ことの始まりはストリートアートにありました。既存の標識の上に勝手に新しいものを上書きしちゃったのです。勿論、違法ですが。。。
    The updated symbol was the creation of designers in Massachusetts and started as a street art campaign that illegally put the updated image over existing signs.

    「グッドジョブ!!」と言って差し支えないかと思います^^。

    このブログのトップページはこちらです。

    News from abroad: Message from Hong Kong

    香港のデモの行方が緊迫してきました。10数年昔のヨーロッパ留学時代の友人に香港人が数名いました。
    中でも親しくしていた友人とは今でもFacebookを通じて連絡を取っています。香港に遊びに行ったときは大歓迎を受けて感激しました。
    元は金融機関で働くバリバリのキャリアウーマンでしたが今では2人の子供にも恵まれ幸せなお母さん生活を楽しんでいるようです。
    今回の件で心配になったので、話を聞きました。

    ドラクロワの「民衆を導く自由の女神」みたいな状況を想像し(というのは大袈裟ですが^^;)、身の安全を案じる僕に彼女はこう応えました。
    ドラクロワ

    「私たちはとても安全よ。海外メディアは私たちのことを世界で最も礼儀正しいデモ隊と呼んでいるわ。
    Yes, we are quite safe, actually, foreign media commented that we are the world's most polite protesters」

    2011年の東北大震災の際に我々日本人が海外メディアから詳細を浴びたことを思い出しました。
    「ゴミを集め、プラスティックボトルや紙クズをリサイクルし(We collected our own garbage, recycled plastic bottles and paper)」というくだりからはサッカーの日本人サポーターを彷彿とさせます。
    我々は似た者同士なのかもしれませんね^^。

    勿論、僕は香港の人たちの自由を求める活動を全面的に支持します。
    とは言え、どうしてもあの天安門の悲劇が脳裏を掠めてしまいます。それは香港の人たちも同じようです。

    「私たちの世代は天安門事件を目撃しているわ。だからこそ私たちの多くは警察がペッパースプレーや催涙ガスを非武装の学生たちに向けたのを見て、民主化推進運動を支持するためにデモに参加することにしたの。誰も同じ街の人間(警察)が同じ街の人間(市民)を傷つけるのを二度と見たくないから。
    Yea, everyone in our generation witnessed the Tinanmen incident, and that's exactly why so many ppl come out in support of the democracy action after the police tried to use pepper spray and tear gas to attack armless students - no one wants to see the city's own people (police) hurting its own people (citizens) again.」

    人々の自由を求める力を信じたいです。
    今のところ香港政府も中国共産党も武力による弾圧の気配を見せていません。
    その代りデマを流して人身を惑わそうという作戦にでているようです。
    「昨日、政府側の人間がヤクザがデモ隊に関わっていて女性に嫌がらせをしたり妊婦が病院に行けないように妨害をしているというデマを流したの。恥を知って欲しいわ。
    Yesterday, pro gov people tried to use other methods to make people go home - spread rumours like gangsters are gathering at the protest areas harassing female students, pregnant woman couldn't get to hospital to give birth in time due to protesters blocking roads, damage was caused to the baby... All rumours proved to be fake afterwards, they are just used to make people feel that the protest is just a big chaos. Shame on them. 」

    中国は諸外国の表明する懸念に対し「内政干渉をするな」という論法で牽制しているようです。
    僕は中国に言いたいです。
    「もし本当にの超大国として認められたいなら世界中が注視している中で”世界で最も礼儀正しいデモ活動家たち”を暴力で弾圧することは絶対にしてはいけないぞ!
    If you want to be considered a real global superpower, how can you respond to "the world's most polite protesters" with extreme violence while the world watches?」(My message to Chinese government)

    以下に香港の友人からのメッセージを(ほぼ)全文、ご紹介します。
    現場の雰囲気が少しでも伝わればと思います。

    Hi .... Thanks for your concern!!!!!!! Yes, we are quite safe, actually, foreign media commented that we are the world's most polite protesters... haha... We collected our own garbage, recycled plastic bottles and paper, put out notices to citizens that say, sorry for inconvenience caused, we are fighting for better future. Unlike protests in some other countries, in here not a glass is broken, no car is burnt, not a bottle is thrown, no shop is robbed. The most "dangerous weapon" is considered to be our umbrella. Can u imagine how peaceful we are!!! I'm so impressed by the civilized crowd! Some pro government ppl indeed tried to go to the protest area to upset the protesters, so that the protesters would fight back or do sth violent. But protesters really hold their anger and calm down quickly.

    Yea, everyone in our generation witnessed the Tinanmen incident, and that's exactly why so many ppl come out in support of the democracy action after the police tried to use pepper spray and tear gas to attack armless students - no one wants to see the city's own people (police) hurting its own people (citizens) again. And I think the gov suddenly realized that using any force against the protesters would only cause more people to come out to protest, so they have withdrawn all police and just let the people stay on the street. Yesterday, pro gov people tried to use other methods to make people go home - spread rumours like gangsters are gathering at the protest areas harassing female students, pregnant woman couldn't get to hospital to give birth in time due to protesters blocking roads, damage was caused to the baby... All rumours proved to be fake afterwards, they are just used to make people feel that the protest is just a big chaos. Shame on them.

    Go ahead !!! Please tell me what your friends think! And send us any words, photos, etc, that will give us positive energy! We need more encouragement from people around the world !!! Thanks for supporting our pro democracy actions !!!

    このブログのトップページはこちらです。

    News from abroad:Protecting ancient treasures from becoming casualties in Iraq and Syria

    Protecting ancient treasures from becoming casualties in Iraq and Syria

    この夏に数千年の歴史を誇るイラク北部をこの夏に制圧して以来、イスラム国はこの上なく貴重な遺産を無残にも破壊し続けています。
    Since taking control this summer of much of Northern Iraq, a region boasting thousands of archaeological sites dating back to the beginnings of civilization, the group has destroyed invaluable cultural relics in spectacular fashion.

    この地域は人類の文明揺籃、古代メソポタミア文明の地です。我々が永遠に失うであろう財産は計り知れません。。
    This is ancient Mesopotamia, the land of the first cities, you know, some of the first writings. And it’s really the cradle of civilization that we’re talking about. And once we lose these archaeological sites, we don’t know what kind of information and knowledge that we’re losing forever.

    平山郁夫

    被害は砲撃等の巻き添えによる副次的なものに留まりません。紛争が長引くにつれ、文化遺産の略奪も組織的かつ洗練されたものになっています。
    But the destruction goes beyond collateral damage and intentional acts.
    Amr Al-Azm says as the conflict has dragged on, the looting has become far more sophisticated and destructive.
    We're looking now at organized, almost industrial-scale looting in some cases. And that’s what’s really, really dangerous.

    争いにより人の命が失われ、生活が破壊されるのみならず人類共通の財産までも危機に曝されているという事態に胸が痛みます。

    オバマ米大統領がイスラム国を癌に擬え、「移転する前に取り除く」との演説を行いました。
    とは言え、外科手術や放射線で癌を取り除くことで治癒する場合もあれば、生活習慣等の原因の改善に取り組まなければ、再発を繰り返す場合もあります。
    イスラム国が長い歴史の中で、ある意味、必然的に生まれてきたことを考えると、力で壊滅することで問題が解決するとは思えません。外科的処置のみでなく、長い時間をかけた真摯な西欧諸国の取り組みが必要であると思います。
    今回は珍しく政治ネタに踏み込んでみました^^。

    おはなし名画「平山郁夫のお釈迦様の生涯」の紹介記事

    平山郁夫のお釈迦様の生涯 (おはなし名画シリーズ)平山郁夫のお釈迦様の生涯 (おはなし名画シリーズ)
    (1995/07/01)
    高田 好胤

    商品詳細を見る

    News from aborad:Artworks Tell Story of American Culture, History

    Artworks Tell Story of American Culture, History

    Art Everywhereは58のアメリカの芸術作品を屋外の50,000の思いがけない場所に設置するというキャンペーンです。
    It’s part of Art Everywhere, the largest outdoor art campaign in the U.S. The open-air art galleries present reproductions of 58 American paintings, photographs and other works of art spanning 230 years of history in 50,000 unexpected locations.

    普段、美術館に足を運ぶことがない人たちが通勤や散歩の途中で何気なく芸術作品を目にする機会を作ることは意義深いと思います。別に高尚なものではないし、気取ることもないのですが、美術館に行くというとちょっとハイソは感じがするものです。
    僕も子供が出来て、家に「おはなし名画シリーズ」を置き、読み書かせに使っているうちに徐々に絵に興味が出てきて、面白そうな展覧会があると自然に行きたくなるようになりました。
    普段の生活のなかで自然に芸術と触れる機会を作ることで自分の世界が広がるということはあると思います。

    ところで、記事の最初に出てくるChilde Hassamという画家の「Allies Days, May 1917」、モネの作品かと思いました。 題名の付け方からしてモネを意識して描いたのでしょう。Scriptではimpressionisticと紹介されてますね。

    アメリカの画家さんの作品って殆ど知らないのでちょっと勉強してみようかな?という気になりました。
    モネ
    この絵はマネの「サン・ドニ街、1878年6月30日の祭日」(1878年)です。

    おはなし名画「マネとモネ」の紹介記事

    マネとモネ (おはなし名画シリーズ)マネとモネ (おはなし名画シリーズ)
    (1994/12/01)
    辻 茂

    商品詳細を見る

    News from abroad: To woo millennials, museum tour group taps into the digital age

    若者を美術館に呼び込もうという試み、「子供を美術館に連れていくなんて時間の無駄だ」と言うアーティストの話、およびこれらに対する反応などをご紹介します。

    まずは我が家の例から。
    長男(小学二年生)は色々な意味で親の思っていた方向性とは違う風に育っており、勿論、それはそれで良いのですが、一つ、親の思惑通りに(今のところ)きているところは「美術館好き」なところです。
    「今度、美術館に行こう」と言うとすごく喜びますし、美術館でも自分なりに楽しんでいるようです。僕が小学生のときを思うと考えられません。

    2歳のときに「おはなし名画シリーズ」で読み聞かせを始めた頃からゴッホの「ひまわり」とか北斎の「波の絵(富嶽三十六景神奈川沖浪裏)」など、メジャーな絵が好きでした。
    北斎の波の絵とゴッホのひまわり
    普段見慣れた絵が美術館に飾ってあるのを見て目を丸くしていたのを思い出します。
    詳しくはブログの「絵のある子育て実践中」というカテゴリーに書いていますのでよろしければご覧ください。

    さて、ニュース記事の話に入りましょう。まずはこれから。
    To woo millennials, museum tour group taps into the digital age

    若者を美術館に呼び込もうという試みについて書かれています。アメリカでは美術館に行く若者が減っているそうです。日本ではどうなのでしょう?
    Their agenda tonight is to recruit a new generation of museum-goers by helping them have fun once they get there. They say it’s important because of the declining museum attendance by young people.

    メトロポリタン美術館で教育プログラムを監督しているSandra Jackson-Dumont女史は18-33歳のミレニアム世代は正式な教育を受けていないがために美術館に行かなくなったのだと言います。
    Sandra Jackson-Dumont oversees education programs at the Metropolitan Museum of Art. She says many millennials – those between the ages of 18 and 33 – don’t go to museums because they’ve never had the right introduction.

    彼らを美術館に呼び込むためにGray氏は若い美術館愛好家を雇いMuseum Hack社を設立しました。
    彼らは小規模のグループツアーを提供し、従前のものとは全く違うやり方でツアーを盛り上げます。
    彼らのターゲットはミレニアム世代や小さい子供の両親です。
    So how do you get millennials to check into museums, and get them to keep going back? Gray decided to hire young museum lovers like Jessye Herrell and Ethan Angelica, and he created a company called museum hack.
    His company gives small group tours. Their strategy is simple: jazz up the traditional tour by doing something completely different.
    Museum Hack typically caters to Millennials and parents with young children.

    彼らはツアー客を作品と積極的に関わらせます。作品の前でポーズをとった写真をインストグラムやツイッターに投稿することも薦めます。
    We’re gonna get you to engage with the piece of art. Assume the position. We’re gonna hold it for just a second. Friends take photos of friends. We want you to take a selfie with something. We want you to throw something up on Instagram. We want you to you know tweet about something.

    という感じで話は進み、実際のツアーの様子なども紹介されています。
    確かにガイドさんは一生懸命にエンターテインしていますし、否定するわけでもないのですが、「これで本当に若者が美術館好きになるのかな?」という疑問も感じました。

    翌日、さっそく記事にたいする視聴者の反応が紹介されました。結構な反響があったようです。
    Viewers respond to millennial-friendly museum tours

    賛否両論ですが、批判的な声の方が多かったようです。
    「これで子供たちが今まで以上に芸術を好きになったり、鑑賞するようになることはない」ような気が僕もします。
    This won’t make kids like or appreciate art any more or less than they did.

    さて、これに関連して「子供を美術館に連れて行くのは全く時間の無駄だ」と言う芸術家の話。
    One of Britain's more thought-provoking artists has said taking children to art galleries is "a total waste of time". Jake Chapman made his controversial comments in an interview with the Independent newspaper.


    この発言には各方面から批判の声が上がっています。
    「芸術は理解するものではない。経験し、感じるものだ。理解の前に感性が来る。」
    "I don't think art is to be understood. It's to be experienced….It is to be felt. Feeling comes before understanding."

    「子供たちは美術館から多くのものを得る。彼らの視野を広げてくれる。」
    Children benefit a great deal from visiting art galleries and museums. It widens their horizons."

    この批判には僕も完全に賛成です。穿った見方ですが、所謂、炎上マーケティングというのが真相なのかもしれませんね。
    "The formula is simple: When you have an exhibition to promote, say something mildly inflammatory to the press, and watch the column inches…and ticket sales soar."

    このブログのトップページはこちらです。

    鳥獣戯画 (新・おはなし名画シリーズ)
    Choju Giga in Japanese and English

    (2011/05/01)
    西村 和子

    Click here for details


    News from abroad: 'Origami Robot' Folds Itself to Life

    'Origami Robot' Folds Itself to Life

    Graffiti Artの次はOrigamiの話です。
    ケニヤのGraffiti Artistsは社会の変革を志しますが、ハーバード大学で研究されているOrigami Robotは災害時の捜索救助活動から宇宙開発まで可能性を孕んでいます。すごい!!
    origami
    Harvard University's Microrobotics Lab で研究する大学院生のSam Felton氏は折り紙の可能性についてこう語ります。
    「我々は複雑で機能的な機械を創る方法として折り紙に注目しました。理論上、折り紙は殆ど何でも創ることができます。でも問題はどうやってそれを現実させるかです。」
    "We looked to origami in order to find ways to create a very complex and functional machine. Mathematically, origami can create almost anything you want. But the trick is to actually get it to happen in real life with real materials.”

    そのためにFelton氏は熱に反応して形を変えるプラスティックのシート形状記憶ポリマーを使います。それに紙などを組み合わせて強度や安定性を補強します。
    To make that happen, Felton starts with shape memory polymers. These are flat plastic sheets that change shape in response to heat.They combine that with other materials, including paper, which provides extra stiffness and stability as the process unfolds.

    各層に組み込まれた電子機器が取付のバッテリ―により折りたたむの動作を始動させます。
    Electronics embedded between the layers are programmed to kick the folding action into gear, triggered by an on-board battery.

    詳細は面倒なので省略しますが、動作が始まるまで10秒、完成するまで4分しかかからないとのこと!

    Felton氏曰く、ロボットが自力で全ての動作を行うのはこれが初めてのことだそうです。
    「ロボットが自律的にコントロールするプログラムを埋め込んでいます。これまではスイッチを入れるオペレーターが必要でしたが、このロボットはそれも自分でします。」
    This is the first time that the robot is doing everything on its own, Felton says.
    “What we’ve shown here is that you can embed all these systems onto an autonomous robot and cause it to control its own folding. In previous examples there has always been an operator behind to flip the switch to supply the electricity. In this case it’s flipping its own switch.”

    Felton氏はこの自動組立ロボットを崩壊したビルなどの閉じ込められた空間で捜索救助活動、さらには宇宙での活用の可能性も視野に入れています。
    Felton sees applications for the self-assembling robots in confined spaces, such as collapsed building, where they could be used in search and rescue missions. He also sees possibilities in outer space.

    「宇宙での組み立ても考えたい。一枚のシートを宇宙に送ることができれば、それが人工衛星になったり、あるいは別の惑星に送られたシートが自力で新しい宇宙基地になったりするのです。」
    “I like to think about assembling in space. If you could send a ream of flat sheets up, that then turn themselves into satellites or even send that ream to another planet and have it turn itself into a new base.”

    日本発祥(ですよね?)の折り紙がアメリカで進化し宇宙に旅立つ!
    何とも夢が広がりますね!!

    このブログのトップページはこちらです。

    対訳 北斎の富士 (新・おはなし名画シリーズ) Hokusai's Mt.Fuji in Japanese and English
    Hokusai's Mt.Fuji in Japanese and English

    (2013/09)
    西村 和子

    Clip here for details
    FBのおはなし名画ページ
    カテゴリ
    紹介されているサイト